前へ
次へ

離婚裁判に至るには、話し合いと離婚調停を経る

離婚というと離婚裁判をするというイメージを抱いている人は多くいます。これはドラマや小説などの影響で、実は離婚するときに裁判をする必要はありません。日本の場合では約90%が夫婦同士での話し合いで決着し、あとは市役所に離婚届を提出するだけで済みます。でも、残りのものはその話し合いで拗れてしまい双方の意見が一致しません。その場合でもまだ裁判に至ることはなく、その前段階に離婚調停が行われます。離婚調停では、家庭裁判所が夫婦やその子供などの間に立って意見を述べることとなり、そこで離婚が決着するケースも少なくありません。そこでも決着しないとき、初めて離婚裁判となるわけです。日本では、調停前置主義が原則となっており、調停がされないかぎりは離婚裁判を申し立てすることができないことになっています。もしも、離婚を考えている人がいたら、まずは「話し合い」「離婚調停」「離婚裁判」の3つの段階があることを知っておくと良いでしょう。

Page Top