前へ
次へ

法的拘束力で離婚を成立できる離婚裁判

双方の合意の基で行われるのが結婚であるため、離婚も双方の合意で行われるのが理想的です。しかし、離婚に至る経緯などでは、片方が離婚したくてももう片方が離婚したいというケースは決して少なくありません。夫婦間の話し合いで解決しない場合は家庭裁判所による離婚調停が行われますが、これも双方の合意によって離婚が成立します。その離婚調停ですら、双方の意見が割れている場合には、離婚裁判が執り行われるのです。この場合、証拠に基づいて裁判が行われるため、どちらかの一方の主張が通らないことになります。その上で法的拘束力の基で決定されるという強い力が働くわけです。そのため、離婚裁判で裁判が下される場合は提示される証拠が大きく左右されることになります。その証拠で多いのが、不貞行為・配偶者虐待ですが、回復の見込みのない精神疾患なども法的拘束力による離婚が成立することもあります。つまり、離婚裁判をすれば必ず離婚になるとは限らないのです。

Page Top