前へ
次へ

離婚裁判では法定離婚原因が必要

離婚の際は、夫婦が話し合いで離婚に合意する協議離婚が選ばれることが多くなっていますが、話し合いがこじれてしまう、どちらかが応じないなどで順調に進まない例もあります。時には離婚裁判で決着をつけることもありますが、裁判となると、様々な準備が必要になりますし、離婚に至るまではどれぐらいの期間が必要になるのか、どれだけの費用が発生するのかも気になるところです。まず、協議離婚の場合であれば、離婚原因は特に問われることはありません。これが離婚裁判となると、法定離婚原因が必要になります。法定離婚原因としては、不貞行為や悪意の遺棄、回復の見込みがない精神病などがあげられます。法律が定める離婚原因がないと裁判も難しくなりますので、あてはまる原因があるかどうかを確認しておきます。配偶者に不貞行為があるなどはっきりした理由があれば、有利になれるというイメージもありますが、それを証明する証拠がないと有利に進められない場合もあります。そして、いきなり離婚裁判をはじめられるのではなく、裁判の前には調停を経ておく必要もあります。離婚裁判では弁護士を雇わなくてはいけないと感じている人もあるかもしれませんが、弁護士がいなくても裁判を進めていくことはできます。より早く離婚を成立させたい場合や、相手方に弁護士がついている場合は、やはり弁護士に依頼したほうがよいといえるでしょう。

Page Top